« 京洛電気軌道1100型 | トップページ | 夏の神戸の青胴車 »

突然ですが、単端がボギー車になりました

Img_9111 Img_9112 Img_9099 Img_9100

毎度ご乗車ありがとうございます。

 もう6~7年前になるでしょうか、我が京洛電軌特殊狭軌線左京線用に単端のキハ5を製作しました。モーターは関水製の2軸動力ユニット(現在のBトレ対応型のモーターではありません)を使っていましたが、あまりにも古いせいか走りが悪く、せっかく作ったのにあまり活躍の機会はありませんでした。

 ところが先日、同じく関水製の小型動力ユニットに余剰が出たのでこのキハ5につけてみたところ、思いの外ぴったり合いましたのでボギー車として復活させることにしました。この車体でボギー車とは何とも珍妙ではあります(おまけに台車はおよそ軽便とはかけ離れています)が、走りは格段に良くなりました。軽便市電の合間を縫って、製作中のレイアウトを時には単行で、時には貨車を引いてちょこまかと走っています。

|

« 京洛電気軌道1100型 | トップページ | 夏の神戸の青胴車 »

京洛電軌特殊狭軌線」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/445772/73858062

この記事へのトラックバック一覧です: 突然ですが、単端がボギー車になりました:

« 京洛電気軌道1100型 | トップページ | 夏の神戸の青胴車 »