« 京阪353が完成しました | トップページ | 秋の古本まつり2018 »

京都市電500型が完成しました

Img_0698 Img_0699
Img_0700 Img_0701

毎度ご乗車ありがとうございます。

 900型に続いて、京都市電500型もこのほど完成しました。ビューゲルはたまたまうちのジャンク箱にあった物を流用して、救助網は私の得意とする(?)ジオラマ用パイプフェンスで表現しました。はっきり言って500型の救助網は京都市電の他形式と形態が違うのですが、ここはあえて目をつぶることにしました。モーターは鉄コレの大型路面電車用を使用しました。車番はかつて壬生車庫に所属していた518にしました。また系統板は四条線を走る壬生の系統で⑳をつけたかったのですが、都合で㉑にしました。一応昭和38年6月までは㉑も四条通を通っていましたから……。

Img_0696

 500型と同時に、旧作の京都市電872にも③の系統板をつけました。こちらは白川線開通後、昭和31年10月の下鴨線開通まで四条線を通っていました。

最後に訂正です。
「烏丸車庫優遇疑惑」でのクハ55071氏へのコメントで「⑩は最後までワンマン化されなかった」と書きましたが、実際はワンマン、ツーマン混在で運転されていました。

|

« 京阪353が完成しました | トップページ | 秋の古本まつり2018 »

市電の模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京都市電500型が完成しました:

« 京阪353が完成しました | トップページ | 秋の古本まつり2018 »