« 明治150年 京都の交通事始め | トップページ | 5000型を追ってスクランブル出動? »

烏丸車庫優遇疑惑?

Img_0465 Img_0460 Img_0476

毎度ご乗車ありがとうございます。

 昭和37年9月29日付の京都新聞に、南区在住の大学生からこんな投書がありました。

「私は市電の丸太町線、烏丸線を利用して、大学に通っています。ところが錦林車庫所属の電車は新型の700型が大変少なく、他の車庫に多いのはどういうわけですか。中でも烏丸車庫に多いようです……」

 当時700型は43輌在籍しており、その内訳は九条10輌、烏丸20輌、みぶ8輌、錦林5輌と、確かに烏丸車庫に多く配属されていました。さらに同年度には700型が5輌増備されましたが、これも全て烏丸車庫に配属されました。しかも同車庫では700型の増備と引き換えにそれまで配属されていた600型をみぶへ、800型を九条へ、1000型を錦林へそれぞれ転属させてるんですね。つまり、烏丸車庫は自車庫に新車を入れるかわりに、他車庫へ在来車をまわしてたんですね。
 なぜ烏丸車庫にだけ新車が片寄るのか、交通局から明確な答はありませんでした。ただ「どの車庫の電車もほとんど市内全域を走るので、烏丸だけに新車が増えても市民サービスが特に不公平になるとは考えない」と説明されていました。

 この件とは全く別の話ですが、昭和40年代に市電がワンマン化された時、2000型、2600型、1900型は全て烏丸車庫に配属された一方、小型の1600型は一度も同車庫に配属されることはありませんでした。これも「優遇」と見ていいのでしょうか……。

|

« 明治150年 京都の交通事始め | トップページ | 5000型を追ってスクランブル出動? »

京都市電の話」カテゴリの記事

コメント

京洛電軌さん、お久しぶりです。
当時の烏丸営業所確かにそんな感じでしたね。
京都駅接続の忙しい系統を一手に引き受けていたからでしょうか?
繁忙な6番はワンマン化が遅れ、烏丸線廃止まではその700型を優先して配車していましたね。
乗務員にとっては負担が大きかったらしく、烏丸配属になると家族からも、えーっという話でした。
現在の市バスでは歴史が長いからか梅津のような感じがします。

投稿: クハ55071 | 2018年10月15日 (月) 15時54分

クハ55071様;
 こんばんは。当時の記事を見ていますと確かに烏丸車庫に新造車輌の配属が多かったようですが、だからと言って他の車庫が不当なしわ寄せを受けるようなことはなかったと思われます。余談ですが1800型は改造当初みぶに集中配置されていました。

投稿: 京洛電軌 | 2018年10月17日 (水) 18時14分

京洛電軌さん、こんばんは。
壬生は1800の1番のワンマン運転の記憶が鮮明です。
一方20番は全てツーマンだったと思います。1番が周回系統だったのに対して、銀閣寺道と千本北大路での折り返し準備のためでしょうか?1800のツーマン車も入っていましたね。

投稿: クハ55071 | 2018年10月17日 (水) 22時15分

クハ55071様;
 こんばんは。1800型は改造当初はツーマンで使用されていたようです。また1600型も改造当初はしばらくツーマン運用だったようですね。⑳は最後までワンマン化されませんでしたし、同じ壬生の⑩もツーマンのままで廃止になったと思います。

投稿: 京洛電軌 | 2018年10月20日 (土) 18時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 烏丸車庫優遇疑惑?:

« 明治150年 京都の交通事始め | トップページ | 5000型を追ってスクランブル出動? »