« 京都市電500型が完成しました | トップページ | 大津線感謝祭2018 »

秋の古本まつり2018

Img_0716 Img_0717

毎度ご乗車ありがとうございます。

 朝から百万遍知恩寺の古本まつりに行って来ました。毎年この古本まつりは期間中1日は訪れているのですが、今年は何故か春も夏も行かなかったんですよね。それで今日が今年初めての買い物になったのですが、個人的に期待している昔の鉄道雑誌は非常に少なかったですね。でもその中で1冊だけ掘り出し物(?)を見つけました。
『鉄道ピクトリアル』1969年12月号で、最初は江若鉄道廃止の記事に目が留まったのですが、さらに高橋弘氏による京都市電伏見線の写真がいろいろ掲載されていたので、速攻で購入しました。しかも状態は新品同様で、価格も200円と破格値だったのが嬉しかったですね。

 掲載されていた写真は、丹波橋周辺の専用軌道区間が中心で、初めて目にしたアングルもいくつかありました。先日500型を完成させたばかりですが、これらの写真を見ていると、また市電の模型を作りたくなってきました。

|

« 京都市電500型が完成しました | トップページ | 大津線感謝祭2018 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋の古本まつり2018:

« 京都市電500型が完成しました | トップページ | 大津線感謝祭2018 »