« 電車をたずねて~京洛電気軌道③~ | トップページ | キユニ07も完成しました »

電車をたずねて~京洛電気軌道④~

毎度ご乗車ありがとうございます。

「電車をたずねて」と題して京洛電気軌道のオリジナル車輌を紹介してきたシリーズも、今回が一応ラストになります。今日は単車を紹介します。

10 11

《10型》11,12
 2510型を製作していた時、ふと同車をショーティにしたような車輌が欲しくなってこの2輌を作りました。集電装置は10がポール、11がビューゲルで、当初は2輌ともモーター無しの情景用でしたが、後に10は鉄コレ2軸電動車用モーターをつけて「豆電車ナンバー・テン」の愛称でレイアウトをちょこまかと走り回っています。

12

《10型》12
 昔のTMS誌に出ていた瑞穂電軌のN電に刺激されて「とて簡」の古典電車を組んだものです。塗色を京洛電軌カラーにした以外はキットをストレートに組みました。京洛電軌としては異色の存在ですが、一般営業用として他の車輌と同じく通常運用に就いています。

31

《30型》32
 先のナンバー・テンよりも現実的な(?)単車が欲しくなって製作しました。車体は京都市電の200型や300型をイメージして作りましたが、ヘッドライトは個人的な好みでおでこライトにしました。ボギー車よりも収容力が小さいので、小レイアウトをメインに走っています。

《今後の展望》
 今作りたいと思っているのは連接車や永久連結車、例えば広島電鉄の2500型や2000型の京洛電軌版といった車輌ですね。また軽便市電で作った貨電も欲しいですし、現在一形式1輌の1100型、1700型、30型ももう1輌ずつ増備したいと考えています。その一方である日突然全くの新形式が登場するかも知れませんが(笑)、一つ言えるのは、京洛電気軌道のオリジナル車輌にワンマンカーが登場することは今後ともありません。


|

« 電車をたずねて~京洛電気軌道③~ | トップページ | キユニ07も完成しました »

京洛電軌オリジナル車輌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 電車をたずねて~京洛電気軌道④~:

« 電車をたずねて~京洛電気軌道③~ | トップページ | キユニ07も完成しました »