« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年4月

平成最後の新車か?

Img_1544 Img_1543 Img_1545

毎度ご乗車ありがとうございます。

 京阪1300型1304がこのほど完成しました。先の拙ブログでも書いた通り、1700型に増結されて特急に使用されていた頃をプロトタイプにしましたので、前面には特急マークをつけました。平成も今日を含めてあと3日ですが、おそらくこの1304が平成最後の製作車輌になると思われます。もちろん時代が令和になっても模型を作り続けることは全く変わりませんし、製作意欲も溢れる一方です。これも先の拙ブログで書きましたが、この1304を追いかけて製作している1303はこんな感じになってます。

Img_1550 Img_1551

 果たして令和元年の第一作はこの1303か、京都市電500型か、それとも全く別の車輌になるのでしょうか? それは作っている私にもわかりません(笑)

| | コメント (0)

京都市電500型を塗装しました

Img_1529 Img_1531 Img_1548 Img_1549

毎度ご乗車ありがとうございます。

 京都市電500型をこのほど塗装しました。塗料は車体上半はクリーム色1号、下半は緑2号です。正直上半色がやや白すぎるかなって気もしますが、市電の雰囲気は出せていると思っています。このあと救助網とビューゲルをつけたら車体は完成ですが、実は財政事情からまだモーターを購入していません(笑) 果たして平成の間に完成させることが出来るのか、微妙な状態です。

| | コメント (0)

平成の終わりに京阪電車を

Img_1497 Img_1498 Img_1528

毎度ご乗車ありがとうございます。

 平成の終わりに、というほどのものではありませんが、久しぶりに京阪電車を作り始めました。今年に入ってから京阪の車輌を製作するのはこれが最初なんですが、特に製作を避けていたのではありません。ただ単に「モデルマニアは暇がない」だけの話です(笑) 

 さて、現在作っているのは1300型1304で、1700型特急車に増結されていた頃の姿をプロトタイプにしています。車体はペーパー製で、前面下のアンチクライマーは0.3mmのプラ棒を重ね合わせて表現しました。また前面の幌枠は関水のキハ82ホロ台座(品番Z06-1047)を利用しました。実はこのパーツ、特急仕様だった頃の実車とは形状が違うのですが、いざ取り付けてみると意外に「京阪1300」という感じがしたのでそのままにしています。

 現在は写真の通り塗装まで完了していますが、同時進行で1303の車体も製作しています。こちらも特急仕様で作る予定で、さらには1312も特急仕様で作ろうと考えています。

| | コメント (0)

昔ながらの阪急フェイスを追いかけて

毎度ご乗車ありがとうございます。

 久しぶりに撮影に行って来ました。と言っても午前中の短い時間でしたが、阪急京都線で3300系や5300系といった昔ながらの阪急フェイスを撮って来ました。今回撮影したのは南茨木、相川、南方などでしたが、沿線をじっくり歩けばいろいろな撮影スポットに出会えそうな気がしました。かつての阪急フェイスが絶滅しない間にまた撮影にに行きたいと思います。
 それでは今回撮影した写真の数々を御笑覧下さい。

Img_1502 Img_1504 Img_1507 Img_1510 Img_1512 Img_1515 Img_1519_1 Img_1516 Img_1523

| | コメント (0)

斬った貼ったで首都圏色のキハ20が完成しました

  Img_1490 Img_1492

Img_1494  Img_1495 Img_1496

毎度ご乗車ありがとうございます。

 ペーパーシートのキハ20がこのほど完成しました。当初の予定通りモーター車として仕上げましたが、今回のペーパーシートには鉄コレ用モーター取り付けのためのスペーサーがついていたので助かりました。

 それと同時進行で製作していたバス窓のキハ25も完成しました。作っている時、キハ25にしては少しオーバースケールな気がしないこともなかったのですが、完成してみるとあまり気にならなくなりましたね。車番は毎度のことながら適当にキハ20 78とキハ25 13にしました。今回完成した2輌は以前製作したキニ55やキハ26も加えて、首都圏色の編成で運用していく予定です。走行写真はまた改めて発表したいと思います。

| | コメント (0)

斬った貼ったで首都圏色に塗装しました

Img_1485 Img_1484

Img_1483 Img_1482

毎度ご乗車ありがとうございます。

 ペーパーシートのキハ20を、同時進行で製作中のキハ25と共に塗装しました。塗色は予定通り朱色5号の首都圏色にしました。ツートンと違って、単色塗りはやっぱり楽ですね(笑) 実車の登場当初はいろいろ批判もあったようですが、この塗色は案外ディーゼルカーに似合っていると思います。余談ですが現在地元で見られる旧国鉄の113系や117系の緑一色も結構似合っていると思いますし、仕事の帰りなんかに「ちょっと1枚」やることもしばしばです。

 このあと窓ガラスをはめ込んだら上まわりは完成、ぼつぼつ下まわりの製作も始めています。こちらも予定通りキハ20はモーター車にするつもりです。ペーパーシートの製作もいよいよ大詰めです。

| | コメント (2)

塗装済キットの中間車を作りました

Img_1470 Img_1469 Img_1468

毎度ご乗車ありがとうございます。

 GM製塗装済みキットで中間車のモハ72とサハ78を製作しました。今回も塗装済みとは言え、屋根と貫通路ドアだけは塗装しました。車番はこれもいつものように特定ナンバーでなく、モハ72503にサハ78008と適当につけました。これで73系の編成は4連になりましたが、まだモーターがないので運転ができません。早急にこの中間車のキットをもう1セット購入しなければと思っていますが、財政事情が許してくれそうにありません(笑)

| | コメント (0)

やっぱり京都市電?

Img_1477 Img_1476 Img_1475

毎度ご乗車ありがとうございます。

 キハ20やら旧型国電やら、作りかけの模型が多々あるにもかかわらず、それでもやっぱり市電の模型が欲しくなって、1輌作り始めてしまいました(笑)
 今回作っているのは京都市電500型で、これが2輌目の製作になります。前作は壬生車庫所属の518でしたが、本作は錦林車庫に所属していた車輌(536~540)をプロトタイプにしています。車体のほうは写真の通り屋上機器以外大体出来上がっています。市電の模型で最大の問題(だと私が思っているだけかも知れませんが)はモーターですが、実はまだ購入していません。ただ先日模型店を覗いたら鉄コレの大型路面電車用モーターが結構並んでいましたので、まあ大丈夫かと思います。

| | コメント (0)

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »