« 昔ながらの阪急フェイスを追いかけて | トップページ | 京都市電500型を塗装しました »

平成の終わりに京阪電車を

Img_1497 Img_1498 Img_1528

毎度ご乗車ありがとうございます。

 平成の終わりに、というほどのものではありませんが、久しぶりに京阪電車を作り始めました。今年に入ってから京阪の車輌を製作するのはこれが最初なんですが、特に製作を避けていたのではありません。ただ単に「モデルマニアは暇がない」だけの話です(笑) 

 さて、現在作っているのは1300型1304で、1700型特急車に増結されていた頃の姿をプロトタイプにしています。車体はペーパー製で、前面下のアンチクライマーは0.3mmのプラ棒を重ね合わせて表現しました。また前面の幌枠は関水のキハ82ホロ台座(品番Z06-1047)を利用しました。実はこのパーツ、特急仕様だった頃の実車とは形状が違うのですが、いざ取り付けてみると意外に「京阪1300」という感じがしたのでそのままにしています。

 現在は写真の通り塗装まで完了していますが、同時進行で1303の車体も製作しています。こちらも特急仕様で作る予定で、さらには1312も特急仕様で作ろうと考えています。

|

« 昔ながらの阪急フェイスを追いかけて | トップページ | 京都市電500型を塗装しました »

京阪の模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 昔ながらの阪急フェイスを追いかけて | トップページ | 京都市電500型を塗装しました »