« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年5月

軽便新車はユーレイと共に

Img_1707

Img_1712 Img_1710 Img_1713

毎度ご乗車ありがとうございます。

 暑い日差しに誘われて突発的に作り始めた軽便電車が今朝完成しました。形式はデハ101。例によって適当につけましたが、うちの軽便車輌では初の3ケタの形式になりました。車体は現有の軽便車輌の中で最大ですが、レイアウトの急カーブも問題なく通過してくれました。

 ただこのデハ101、モーターがついていません。そのため、走行には常にユーレイのワ11が後に張り付いています。ユーレイに憑かれた(?)軽便電車、夏っぽくていいんじゃないでしょうか……。

 

| | コメント (2)

暑い日差しに誘われて……

Img_1702 Img_1703

毎度ご乗車ありがとうございます。

 まだ5月だというのに、ここ数日は真夏のような陽気ですね。この日差しに誘われるかのように、急に軽便の車輌を作りたくなって、昨日と今日で写真のような車体をデッチ上げました。私にとっては夏といえば軽便、軽便といえば夏、なんです(笑)
 今回作ったのは京洛電軌左京線用の電車で、下津井電鉄モハ52の車体を短くして、両端のデッキを外したようなスタイルです。これまで製作してきた一連の軽便車輌に比べると大型になりましたが、レイアウトへの入線に問題はないと思います。ちなみにあまりにも突発的に作り始めたため、この車輌の形式はまだ未定です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

/

 

| | コメント (0)

京阪タイプ自由型?

Img_1674 Img_1675 Img_1680

毎度ご乗車ありがとうございます。

 製作を進めていた特急仕様の京阪1312がこのほど完成しました。本来1300型の特急仕様車は3枚目の写真のように1700型の増結用として改装されたもので、1300型だけで特急編成を組むことはなかったと思われます。しかしそこは模型ならでは(?)の楽しみで、同型だけの特急編成があってもいいんじゃないかと、1312にはあえてモーターをつけました。
 さらに3連ではちょっと寂しいんじゃないかということで、実車には存在しなかった1300型特急車をもう1輌作ってしまいました。それが下の写真の1609です。

Img_1671 Img_1673

Img_1679 Img_1677

 実は1600型は特急用に改装されたこともなかったし、車番も1601~1608まででした。そのためこの1609は実在しなかった車輌なんですね。でも4連で走らせても全く違和感はないし、たまにはこんなワルのりもいいんじゃないでしょうか……模型人にも息抜きが必要です(笑)

 

| | コメント (8)

キハ58が1輌増えました

Img_1620

Img_1487 Img_1615 Img_1616

毎度ご乗車ありがとうございます。

 突然ですが、キハ58を1輌増備しました。もう1年以上前になるかと思いますが、中古の模型店で一つ200円か300円ぐらいで購入した車体が、ようやく陽の目を見ることになりました。車体で手を加えたのは屋根だけで、GM製のクーラーやベンチレーターのパーツをつけた後、塗装しました。下まわりはいつもと同様、GM製キットのパーツを利用して適当にデッチ上げてあります。車番はキハ58 301にしましたが、これも適当につけました(笑)

 急行型ディーゼルカーもこれまで結構作って来ましたが、この手の車輌は何輌あっても特に問題はないので、今後も安いガラクタ(!)を見つけたら購入してしまうと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

只今ストラクチャー建築中

Img_1662 Img_1659 Img_1657

毎度ご乗車ありがとうございます。

 先日の商業ビルに続いて、民家の製作を始めました。もうずいぶん前に購入したマッハ模型製のストラクチャーペーパーをベースに、まずは2軒作りかけています。現在のところ屋根はまだ手をつけておらず、先に本体の塗装をして、いさみや製のストラクチャー用窓枠をはめてから最後に屋根をつけて完成となります。プロトタイプは特になく、京都市内のあちこちで見かけたいろんな民家から適当にイメージして製作しています。しかしながら車輌模型と違って、民家の製作はプロトタイプが明確でないこともあって難しいですね。でも今回のレイアウトには自作のストラクチャーを極力多く並べて行きたいと思っています。ちなみに今回の製作では、妻板と裏面は思い切って省略しました。レイアウトでは両隣に他のストラクチャーを並べて誤魔化し(!)ます。

Img_1660

 同じような大きさのストラクチャーばかりでは面白くないので、4棟続きの長屋も作ろうと思っています。上の写真はGM製ストラクチャーキットのパーツを切り継いで長屋の玄関を表現したものですが、結構いいものが出来そうな予感がしています。

| | コメント (0)

初夏を行く青胴車

毎度ご乗車ありがとうございます。

 久しぶりに阪神の青胴車を撮影してきました。と言っても日中の3時間ぐらいしか時間がなかったので、撮影場所を頻繁に変えることはできませんでしたが、梅田、大物、尼崎、西宮でちょこちょこと撮影しました。今回は撮影枚数も少なく、特にインパクトのある写真は撮れなかったのですが、尼崎の電留線で赤胴車と青胴車の並びが撮れたのは個人的にラッキーでした。また本格的な夏になったら1日かけて撮影に行きたいと思っています。

 それでは少ないですが、初夏を行く青胴車の姿を御笑覧下さい。

Img_1635 Img_1638 Img_1640 Img_1641 Img_1642 Img_1644 Img_1649 Img_1651

| | コメント (0)

新レイアウトはストラクチャーから

Img_1623 Img_1626 Img_1625 Img_1624 Img_1629 Img_1630  

毎度ご乗車ありがとうございます。

 今月1日に着工宣言しました新レイアウトは、ストラクチャーの製作から始めています。今回のレイアウトではビルも並べたくなってGM製商業ビル3Fのキットを購入しました。この手のキットはいつも先に塗装してから組み立てることにしているのですが、車輌模型と違っていざ着色となると何色を塗ったらいいのかわからなくなってしまうんですよね。そこで今回はもうずいぶん前にもらったGMのストラクチャーカラーガイドを参考に塗装しました。個々のビルは小型ですが、ジオコレの銀行や同じGM製キットを組んだ入母屋の商家と奥行きがほぼ同じなので、これはいい街並みが作れるような期待を感じました。またGM製のキットはパーツの選び方でいろんなバリエーションが出来るので、さらに製作して一部を本線レイアウトにも並べたいとも思いました。

 ところで、今回一気に4棟作り上げましたが、どのビルにも看板などがついていません。それぞれのビルをどんな店にするかは現在考えているところで、レイアウトに並べる時には看板をつけて、活きた街並みを作りたいと思っています。

 

| | コメント (0)

こんな編成はなかったけど……

Img_1611 Img_1612 Img_1613

毎度ご乗車ありがとうございます。

 先月の京阪1304に次いで、このほど1303が完成しました。こちらも前作と同様、2ドアの特急仕様で、もちろん鳩マークもつけました。もともと特急仕様に改装された1300型(1303、1304、1312)は1700型の増結用で、同型だけで運用されることはなかったようです。でも今回製作した1303と1304を連結してみると、これはこれでまとまっていて、実際に存在していたような錯覚さえ覚えてしまいました(笑) 実はさらにもう1輌、1312をやはり同じ特急仕様で現在製作しているのですが、これをモーター車にして、1300型だけで特急編成を組んでみるのも面白いかも知れませんね。実際にありそうでなかった架空編成、模型ならではの楽しみですね。

| | コメント (0)

令和の第一作は京都市電

Img_1600 Img_1601

Img_1602 Img_1609 Img_1610

毎度ご乗車ありがとうございます。

 本日早くも令和第一作目となる車輌が完成しました。京都市電500型538です。本作は錦林車庫に所属していた後期の車輌をプロトタイプにしたのですが、はっきり言ってそれだとわかる特徴は表現できませんでした(笑) 実車は錦林車庫所属だったので、系統板は②か⑫をつけようと思ったりもしましたが、ここはヘソを曲げて⑬にしてみました。ただこの系統板、ワードで作成したのですが少し大きかったようです。でも一応京都市電の雰囲気は出ているので自分では良しとしています。

| | コメント (0)

石山坂本線の初夏2019

毎度ご乗車ありがとうございます。

 ゴールデンウィークも大詰めの今日、久しぶりに京阪石山坂本線の撮影に行って来ました。同線の撮影は去年の秋以来ですが、その間にも車輌の新塗装化が進んでいました。今日の撮影では「平成」「令和」のヘッドマークをつけた601Fに期待していたのですが、同編成もいつの間にか新塗装化されていました。見たところ600型で在来塗装車は603Fのみ、700型は705Fと709Fの計3編成だけのようで、このうち今日は705Fだけが稼働していました。ちなみに広告電車やマンガ電車の下地は在来塗装のままでしたが、これらもラッピングが終了すると新塗装化されるのは必至と思われます。それから今日の撮影で目を引かれたのは703Fで、703がおでん電車、704がビール電車のラッピングをされていました。
 それでは本日撮影した写真を御笑覧下さい。

Img_1569 Img_1571 Img_1567 Img_1579 Img_1580 Img_1592 Img_1573 Img_1587 Img_1597

 最後に、季節は正確にはまだ夏ではないのですが、夏を思わせるような暑い一日だったのでタイトルはあえて初夏としました。

| | コメント (0)

令和元年 新レイアウト着工宣言

Img_1556 Img_1558 Img_1559 Img_1560 Img_1563

毎度ご乗車ありがとうございます。

 令和時代の始まりと共に、京洛電気軌道ではまた新たにレイアウトを建設することになりました。今回のスペースは730mm×420mmで、プランは1枚目の写真のように複線エンドレスだけの非常に単純なものにしました。これまで製作したレイアウトはどれも市電の走る街並みをテーマにしていましたが、今回は併用軌道もあるものの市電以外の車輌、例えば京阪大津線や京福電鉄の車輌も似合うようなレイアウトにしたいと考えています。ストラクチャーの配置など、細かい構想はこれから追々考えていきますが、今回はこれまでのレイアウトで満足にできなかったストラクチャーや樹木の自作に取り組んでみたいですね。(あまり今から大きな事を言うと、後でエライ目に遭うような気もしますが……笑)

 

| | コメント (0)

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »