« 消えゆく5000型を模型で残す | トップページ | 夏の奈良に国鉄を追って »

阪急の駅名変更雑感

Img_1955 Img_1954 Img_1938

毎度ご乗車ありがとうございます。

 この10月1日から阪急の駅名が一部変更になります。「河原町」が「京都河原町」に、「梅田」が「大阪梅田」それぞれ変わりますが、昔の運行標識には「京都 河原町」「大阪 梅田(もしくは十三)」と書かれていました。さらに駅のアナウンスも「特急・京都河原町行き」とか、「急行・大阪梅田行き」と言っていました。それがいつの間にか京都、大阪の表記がなくなってしまったので、このニュースを見た時、何だか昔に戻るような気がしました。(余談ですが昔は京阪も運行標識は「京都三条」「大阪淀屋橋」と表記されていました)

 この駅名変更は地元以外の利用者、特に外国人旅行者意識したもののようですが、外国人の中には「JR=大阪」「阪急・阪神=梅田」と覚えている方も多いようです。おそらく旅行ガイドなどではそのように記載されているんじゃないでしょうか。また「京都河原町」に関しては、以前地元の反対で変更が撤回されたことがありますが、変更するなら「四条河原町」のほうがいいですね。観光客にも同名はよく知られているはずですから、わざわざ「京都」をつける必要はないと思います。

 最後に提案を一つ。これを機会に京都線の「西院」を「さいいん」から嵐電と同じ「さい」にしてはどうでしょうか? 漢字は同じなのに読み方が違うのは地元以外の人にとって混乱を招くでしょうし、以前拙ブログでも書いたことがありますが、同地の読み方は「さい」が正解なんですからね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

|

« 消えゆく5000型を模型で残す | トップページ | 夏の奈良に国鉄を追って »

実車の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 消えゆく5000型を模型で残す | トップページ | 夏の奈良に国鉄を追って »