« ボウを付けた豆電車 | トップページ | 京洛電気軌道6050型(仮) »

令和のレイアウト、地面を作っています

Img_2391 Img_2392 Img_2394 Img_2397 Img_2398

毎度ご乗車ありがとうございます。

 何かと計画変更のあった令和のレイアウトですが、ようやく地面の製作に進めることが出来ました。
 基本プランは複線エンドレスのままですが、南側が大通りの併用軌道なのに対し、北側は裏町(?)の道路の真ん中を通る専用軌道にしてみました。実は最近、雑誌で専用軌道を走る都電の写真を見たのですが、その中で竪川通の風景に惹かれて是非レイアウトにも取り入れたくなったのでした。
 地面は例によって「ふわっと軽いねんど」で表現、併用軌道の内側は実感よりも走行性を重視してまくら木が隠れるぐらいにしか盛り付けませんでした。一通り道路ができてから試運転。京都市電を中心に走らせましたが、どの車輌も快調に走ってくれました。ちなみにこのレイアウトは京阪260型や1550型も入線可能で、急カーブでの260型同士のすれ違いはちょっとしたスリルがありました。
 このあと粘土が固着するのを待って、ストラクチャーの設置にかかります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

|

« ボウを付けた豆電車 | トップページ | 京洛電気軌道6050型(仮) »

レイアウト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ボウを付けた豆電車 | トップページ | 京洛電気軌道6050型(仮) »