« 京都市電1800型をリニューアルします | トップページ | 1824が1814で再生しました »

令和のレイアウトにバラストを撒きました

Img_2464 Img_2469 Img_2470 Img_2468 Img_2463

毎度ご乗車ありがとうございます。

 令和のレイアウトの専用軌道にバラストを撒きました。使ったのはモーリン製RストーンNo.464(ダークグレー)で、関水製ユニトラックと同じ色のバラストです。ただここも走行性を重視して軌道の内側にはあえて撒きませんでした。
 この専用軌道区間は東京都電の竪川通近辺の写真を見て作りたくなった風景で、道路の真ん中を専用軌道が通っています。京都市電では梅津線がこのような軌道だったように思います。1枚目の写真で線路際まで舗装が伸びているのは電停で、都電の竪川通停留所もこんな感じでした。両脇の電柱に停留所名を書いたホーロー看板をつけたらもっと雰囲気が出ると思います。

 さらに専用軌道右側のカーブ脇にはヒマワリを何本か植えました(4枚目の写真)。このヒマワリ、実は軽便レイアウトのために購入したHOサイズなんですが、気にしないで流用しました(笑) またレイアウトの左端には小さなお稲荷さんを設けてみました(5枚目の写真)。GM製キットのおまけパーツを利用して、このあと両側に樹木を植えたら感じが出ると思っています。
 で、樹木なんですが、今回はこれも自作してみようと考えています。幹と枝は針金で、葉はナイロンタワシで表現しようと、すでに材料は購入済みなんですが、どうなることやら……。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

|

« 京都市電1800型をリニューアルします | トップページ | 1824が1814で再生しました »

レイアウト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 京都市電1800型をリニューアルします | トップページ | 1824が1814で再生しました »