« 京洛電気軌道1400型(仮) | トップページ | 掘り出し物の再生が完了しました »

令和のレイアウト 樹木の製作に挑戦です

Img_2486 Img_2487

毎度ご乗車ありがとうございます。

 遂に樹木の製作を始めました。まず80mm程度に切った針金を6本1組にして幹の部分を束ねます。これを3束1組にして、先端を枝分かれさせていくという、昔ながらの作り方です。一見簡単なようにみえますが、実際やってみるとどうしても「木」という感じがしないんですね。昔のTMS誌に「最大のメリットは思いのままの形が作れることであり、その代償として多くの手間と、ある程度の造形感覚を要する」と書かれていましたが、全くその通りでしたね。手間がかかるのはいいのですが、造形感覚に関してはセンスのなさを痛感しました。

 とりあえず3本作って、幹の部分は茶色のビニールテープを巻きつけました。9mmゲージのサイズとしては幹が太すぎるような気がしないでもないのですが、ここはまあ良しとしましょう。これにナイロンタワシをつけると完成になるのですが、ここははっきり言ってある程度以上の造形感覚が必要になります。どんな風につけていけばいいか、昔のTMS誌の記事を読み返して現在検討中です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

|

« 京洛電気軌道1400型(仮) | トップページ | 掘り出し物の再生が完了しました »

レイアウト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 京洛電気軌道1400型(仮) | トップページ | 掘り出し物の再生が完了しました »