« 令和のレイアウトにバラストを撒きました | トップページ | 京洛電気軌道1400型(仮) »

1824が1814で再生しました

Img_2447

Img_2450 Img_2472 Img_2474

毎度ご乗車ありがとうございます。

 京都市電1800型のリニューアル第一弾がこのほど完成しました。関水製小型動力ユニットを流用したので腰高ではありますが、救助網などもつけて「市電」らしくなったと思います。それに市販のキットを組んでいるので、フルスクラッチの他の車輌に比べて顔が全然違いますね(当たり前ですが……笑)車番は特別な理由はありませんが1824から1814に改番しました。また系統板は壬生車庫の⑩にしました。

 さて、実車のツーマン1800型ですが、幼少の頃四条線で見かけた記憶があります。当時はドアが前後の車輌ばかりだったせいか、この真ん中にドアがあって、さらに前面の姿も違う電車を見て子供心に「変な電車やな」って思ったのをうっすらと憶えています。また京都駅へ行った時など、丸物の前を同じような「変な市電」が走っていたのも憶えています。ちなみにその電車は前に「変なもの」(←連結器のことです)をつけていた記憶もあります。後にこれらの電車が市電の主流になるとは当時は思いもしませんでしたけどね(笑)

 話が脱線してしまいましたが、続いて1900型のリニューアルも早いうちに進めていく予定です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

|

« 令和のレイアウトにバラストを撒きました | トップページ | 京洛電気軌道1400型(仮) »

市電の模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 令和のレイアウトにバラストを撒きました | トップページ | 京洛電気軌道1400型(仮) »