« 令和のレイアウト再建設~いよいよ街づくりです~ | トップページ | 令和のレイアウト再建設~電停を設置しました~ »

伏見線を歩いて

Img_2979 Img_2977 Img_2976

毎度ご乗車ありがとうございます。

 京都市電稲荷電停跡から当時のレールが出土し、しかもこれが廃線跡として保存されるらしいという話を聞いて、先日行って来ました。
 ところが現地に着いて愕然としました。レールはコンクリートで埋められてわずかに顔を出しているに過ぎず、以前は残っていたタイルによる停留所の縁取りさえも消え去ろうとしていました。もともとこの工事は、疏水にかかる橋の改修工事の一環だったのですが、廃線跡の保存どころか、抹消しようとしているとしか思えませんでした。

Img_2987 Img_2989 Img_2991

 それでも折角来たのだからと気を取り直して(?)伏見線の通っていた丹波橋あたりを歩いてみました。ここでびっくりしたのは、棒鼻からの専用軌道が併用軌道になる所にあった材木工場がいつの間にかなくなって、ドラッグストアになっていたんですね。あの材木工場は正門が狭い方の道路に面していて、それがかつて市電の専用軌道があったことを想起させる存在だったのですが、また一つ市電在りし日を偲ばせるものがなくなってしまいました。しかしながら伏見線丹波橋~肥後町間、現在のバス停でいうと西板橋近辺を歩いていると、線路もないのに何故か市電が走ってくるような錯覚を覚えたりしました。

 

 

 

 

 

 

 

|

« 令和のレイアウト再建設~いよいよ街づくりです~ | トップページ | 令和のレイアウト再建設~電停を設置しました~ »

京都市電の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 令和のレイアウト再建設~いよいよ街づくりです~ | トップページ | 令和のレイアウト再建設~電停を設置しました~ »