« 京津線高床化計画と80型譲渡計画 | トップページ | 青い京阪電車をもう1輌 »

本線レイアウト再改修~街にアクセサリーを~

Img_3393 Img_3479

Img_3476 Img_3472 Img_3485

毎度ご乗車ありがとうございます。

 本線レイアウトの再改修工事もストラクチャーの設置がほぼ整ったので、街のアクセサリー(小物)の設置に着手しました。
 まずは専用軌道の踏切ですが、これは津川洋行製をそのまま利用しました。ちなみに遮断機は常に下りたままになっています(笑)また鉄道線にも小さな踏切がありますが、こちらは今のところ警報機だけで遮断機はありません。狭い道とはいえ遮断機があったほうがいいとは思いますが、付ける予定はありません。

 それから停留所脇の電柱に電停名を書いたホーロー看板を付けました。作り方は小レイアウトや令和のレイアウトの時と全く同じで、昔撮影した市電の写真に写っている実物を縮小、カラーコピーして取り付けました。不思議なもので、これがあるだけで電停周辺が妙に活気づいて見えるんですね。このホーロー看板は専用軌道の電停の架線柱にも付けました。やっぱりここもこれだけですっかり電停らしい雰囲気が出て来ましたね。

 最後に、平面交差部分にGM製の信号機を付けました。本当は昔の緑ゼブラの信号機に加工したかったのですがうまくできなかったので仕方なくそのまま使用しました。ただ昔の四条や七条で撮影した京阪の写真を見ると、後年はこの手の信号機になっていたので一応良しとしました。再改修工事もいよいよ大詰め、できれば祇園祭の頃には完了させたいと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

|

« 京津線高床化計画と80型譲渡計画 | トップページ | 青い京阪電車をもう1輌 »

レイアウト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 京津線高床化計画と80型譲渡計画 | トップページ | 青い京阪電車をもう1輌 »