« ポール仕様の京阪260型を増備しました | トップページ | 京阪260型、まだまだ増備します »

小レイアウトの改修は緑豊かに?

Img_3756 Img_3763 Img_3765 Img_3767 Img_3768

毎度ご乗車ありがとうございます。

 本線レイアウトに引き続いて始めた小レイアウトの改修工事ですが、8月3日の拙ブログでも書きましたが樹木を植えたり草地を整備したり、以前より緑豊かな(?)レイアウトに変わりました。いずれも本線レイアウトの再改修で余った素材を利用しただけなんですが(笑)さらにこれも余り物を利用して南側の小道沿いに花畑を作りました。これが意外にいい感じで、この道に歩いている人形を置いたらさらに映えると思いました。

 ストラクチャーに関しては、当初一部建物の入れ替えなんかも考えたのですが、現状うまくまとまっていますので今回は手を加えませんでした。ただ正面の停留所を西側からも入れるようにした他、架線柱に停留所名を記したホーロー看板を付けました。例によって昔自分が撮影した京都市電の写真から、ホーロー看板が写っている物をコピーして作りました。小さいし結構手間のかかる作業でしたが、これがあるだけでいかにも「電停」という感じがしてきましたね。ちなみにこのホーロー看板、反対側の併用軌道の電停も新しく付け直しました。

 実は本線レイアウトの再改修用に購入した関水の樹木キットですが、実際には3~4本しか使わなかったんですね。そこで余った樹木を何とか使いたかったというの小レイアウト改修の理由、というか目的の一つでもあったのですが、この樹木、9mmゲージ用としてはかなり大きいように思いました。そのため、この樹木を軽便のレイアウトにも使いたいと考えています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

|

« ポール仕様の京阪260型を増備しました | トップページ | 京阪260型、まだまだ増備します »

レイアウト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ポール仕様の京阪260型を増備しました | トップページ | 京阪260型、まだまだ増備します »