« 京阪26に排障器を付けました | トップページ | ポール仕様の京阪260型を増備しました »

稲荷線の廃線跡を見に行きました

Img_3753 Img_3749 Img_3745 Img_3751 Img_3754

毎度ご乗車ありがとうございます。

 夏真っ盛り!ですね。
 例年ならこの暑さなどものともせずギラギラの太陽の下で撮影に歩き回るところですが、今年は事情が事情だけに外出もままならず、休日は眩しい日差しを恨めし気に見ながら模型をいじっておりました。しかしながら外へ出たい気持ちをどうしても抑えることが出来ず、前から行きたかった京都市電稲荷線の廃線跡に行って来ました。

 今年の初め頃に電停跡の改修工事で線路が出土した時は、これがそのまま遺跡として復元・保存されるのかと期待していましたが、現実はそう甘くないもので(笑)、それでもこういう形で小さいながらもここに市電が走っていた証が出来たのは嬉しいことです。電停跡のほうはすっかり整地されてしまい、昔の面影は全くなくなってしまってました。と思っていたら、片隅に停留所を縁取っていたブロックがわずかに残っていました(最後の写真です)。それからこれは気のせいかも知れませんが、整地された停留所跡を歩いていたら、ちょうど線路があった部分だけが気持ち低くなっているように思えたんですね。もちろん、私の気のせいでしょうけどね……。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

|

« 京阪26に排障器を付けました | トップページ | ポール仕様の京阪260型を増備しました »

京都市電の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 京阪26に排障器を付けました | トップページ | ポール仕様の京阪260型を増備しました »