レイアウト

久々のGM製ストラクチャーキット

Img_1909 Img_1908

毎度ご乗車ありがとうございます。

 先日中古の模型店でGM製入母屋2階建ての商家が1000円で販売されているのを見つけて即購入してしまいました(笑)
 目的はもちろん計画中の新レイアウトのためですが、今回購入したキットは窓枠にあらかじめ切り込みが入っていて、取り出しやすくなっていました。これはなかなかいい工夫でしたね。キットの製作はまず塗装してから、特に加工などはせずそのまま組みました。

 新レイアウトは現在ストラクチャーの製作を進めているところですが、ぼつぼつレイアウトのレイアウト(=区画整理)も始めなければと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

みにちゅあーと初挑戦!

Img_1868 Img_1874 Img_1869 Img_1878 Img_1880

Img_1876 Img_1875

毎度ご乗車ありがとうございます。

 新レイアウト建設に際して、このほど初めてさんけい製みにちゅあーとのストラクチャーを組んでみました。みにちゅあーとは以前から模型店で見るたびに「いいな」って思いながらも、財政事情により購入できずにいました。でもストラクチャーにバラエティー感を出すにはやっぱり必要というわけで、今回ラーメン屋と公衆便所を購入しました。

 どちらのキットも特に加工などはせずストレートに組みましたが、屋根だけはGM製屋根瓦を使用しました。それにしてもディティールの細かさには圧倒されましたね。特にラーメン屋の裏側の物干し台は絶品でした。そして何より「作る楽しさ」を満喫できたのは個人的に最高の収穫でした。さらにそのまま組むだけでなく、塗装したり細部に手を加えたりすればどんどんバリエーションが広がっていくと思います。財政事情は厳しいですが、もっといろいろ作ってみたいですね。

 

 

 

 

| | コメント (0)

新レイアウトの駅が一応完成しました

Img_1864 Img_1863

毎度ご乗車ありがとうございます。

 新レイアウトの駅ですが、とりあえずは形になりました。GM製の鉄路柵と簡素な屋根をつけただけの代物で、やっぱり小さくても待合所はつけなくてはと思っています。タイトルを「一応完成」としたのもこのためで、現在待合所のプロトタイプを物色中です。
 そして駅舎と合わせたイメージは下の写真のようになります。

Img_1866 Img_1865 Img_1867

 この駅の他にも現在ストラクチャーをいくつか建築中で、ぼつぼつレイアウトの区画整理なんかも始めようと考えています。そして線路の敷設は、たぶん秋になってからかも知れませんね(笑)

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

新レイアウトの駅を作っています

Img_1716 Img_1717 Img_1718

毎度ご乗車ありがとうございます。

 新レイアウトの駅の製作を進めています。今回のレイアウトは併用軌道もありますが、市電だけでなく京阪大津線や京福電鉄の車輌なんかも走れるレイアウトを目指していますので、路面電車よりローカル私鉄風の駅にしようと思っています。駅舎は使う機会のないまましまい込まれていたジオコレ(と思う)の製品で、これを何とか活用したかったのが製作の一番の理由です。

 ホームは5mm厚のバルサを2枚貼り合わせて、津川洋行製のシーナリーペーパー(石垣)を巻きつけました。その長さは約30cmとかなり長く、京阪260型なら3連、京洛電軌1200型なら4連が停車できます。駅舎と合わせた完成のイメージは3枚目の写真のような感じですが、これだけではあまりにも殺風景なので、これからホームの屋根とかベンチなんかも設置していく予定です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

只今ストラクチャー建築中

Img_1662 Img_1659 Img_1657

毎度ご乗車ありがとうございます。

 先日の商業ビルに続いて、民家の製作を始めました。もうずいぶん前に購入したマッハ模型製のストラクチャーペーパーをベースに、まずは2軒作りかけています。現在のところ屋根はまだ手をつけておらず、先に本体の塗装をして、いさみや製のストラクチャー用窓枠をはめてから最後に屋根をつけて完成となります。プロトタイプは特になく、京都市内のあちこちで見かけたいろんな民家から適当にイメージして製作しています。しかしながら車輌模型と違って、民家の製作はプロトタイプが明確でないこともあって難しいですね。でも今回のレイアウトには自作のストラクチャーを極力多く並べて行きたいと思っています。ちなみに今回の製作では、妻板と裏面は思い切って省略しました。レイアウトでは両隣に他のストラクチャーを並べて誤魔化し(!)ます。

Img_1660

 同じような大きさのストラクチャーばかりでは面白くないので、4棟続きの長屋も作ろうと思っています。上の写真はGM製ストラクチャーキットのパーツを切り継いで長屋の玄関を表現したものですが、結構いいものが出来そうな予感がしています。

| | コメント (0)

新レイアウトはストラクチャーから

Img_1623 Img_1626 Img_1625 Img_1624 Img_1629 Img_1630  

毎度ご乗車ありがとうございます。

 今月1日に着工宣言しました新レイアウトは、ストラクチャーの製作から始めています。今回のレイアウトではビルも並べたくなってGM製商業ビル3Fのキットを購入しました。この手のキットはいつも先に塗装してから組み立てることにしているのですが、車輌模型と違っていざ着色となると何色を塗ったらいいのかわからなくなってしまうんですよね。そこで今回はもうずいぶん前にもらったGMのストラクチャーカラーガイドを参考に塗装しました。個々のビルは小型ですが、ジオコレの銀行や同じGM製キットを組んだ入母屋の商家と奥行きがほぼ同じなので、これはいい街並みが作れるような期待を感じました。またGM製のキットはパーツの選び方でいろんなバリエーションが出来るので、さらに製作して一部を本線レイアウトにも並べたいとも思いました。

 ところで、今回一気に4棟作り上げましたが、どのビルにも看板などがついていません。それぞれのビルをどんな店にするかは現在考えているところで、レイアウトに並べる時には看板をつけて、活きた街並みを作りたいと思っています。

 

| | コメント (0)

令和元年 新レイアウト着工宣言

Img_1556 Img_1558 Img_1559 Img_1560 Img_1563

毎度ご乗車ありがとうございます。

 令和時代の始まりと共に、京洛電気軌道ではまた新たにレイアウトを建設することになりました。今回のスペースは730mm×420mmで、プランは1枚目の写真のように複線エンドレスだけの非常に単純なものにしました。これまで製作したレイアウトはどれも市電の走る街並みをテーマにしていましたが、今回は併用軌道もあるものの市電以外の車輌、例えば京阪大津線や京福電鉄の車輌も似合うようなレイアウトにしたいと考えています。ストラクチャーの配置など、細かい構想はこれから追々考えていきますが、今回はこれまでのレイアウトで満足にできなかったストラクチャーや樹木の自作に取り組んでみたいですね。(あまり今から大きな事を言うと、後でエライ目に遭うような気もしますが……笑)

 

| | コメント (0)

努力賞をいただきました!

Img_0291 Img_0289 Img_0292

毎度ご乗車ありがとうございます。

 遅ればせながら報告させていただきますが、京洛電軌の小レイアウトが「第41回TMSレイアウトコンペ」で努力賞を受賞いたしました。はっきり言ってTMS誌上に掲載されている作品はどれもクオリティーが非常に高いので、うちの模型など端から相手にされないと思っていただけに嬉しさもひとしおでした。そして本日、記念の盾が届きましたが、思いの外立派な盾でこれは本当にいい記念になりました。

 ただTMS誌上には残念ながら京洛電気軌道の名称も写真も掲載されていません。そこで今日は特別に拙ブログ上で応募した写真の一部をご紹介したいと思います。

Img_8666 Img_8735 Img_8794 Img_8736 Img_8729 Img_8738 Img_8750 Img_8779 Img_8754 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

小レイアウトに夏が来た!

Img_9064 Img_9066

毎度ご乗車ありがとうございます。

 今日から7月。また私の大好きな夏がやって来ました(笑) そこでレイアウトも夏らしくしたいと思って、小レイアウトの片隅にヒマワリの花を植えてみました。実はこのヒマワリ、サイズはHO用なんですよね。もともと軽便レイアウトに使用するつもりで購入したのですが、9mmゲージにも構わずに(?)利用しました。そのため背丈はかなり高いですが、実際に人間の慎身長より高いヒマワリを見たこともあるので、これはこれでいいのではないかと思っています。目線を低くして、ヒマワリの向こうを通り過ぎる電車を眺めると何とも言えずいい感じです。もちろんこのヒマワリは軽便レイアウトにも使用していきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小レイアウトにも廃車体の倉庫を設置しました

Img_8920 Img_8924 Img_8928 Img_8929

毎度ご乗車ありがとうございます。

 小レイアウトの留置線の脇に、廃車体を利用した倉庫を設置しました。廃車体、と言っても実はレイアウトのために新しく作ったものですが(笑) イメージ的には京都市電200型や300型をプロトタイプにしていますが、一応京洛電軌オリジナルの単車の廃車体という想定で製作しました。車体はいつもの車輌製作と同じペーパー製ですが、これを置くだけで何かしら留置線の雰囲気が違ってきましたね。

 この廃車体を作っていると、次はこれと同型の単車を作りたくなってきました。ただ下まわりが現在品薄、と言うよりほとんど現状見かけなくなっているので二の足を踏んでいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧