レイアウト

本線レイアウト再改修~花畑のある駅を~

Img_3570 Img_3574 Img_3572 Img_3580 Img_3584

毎度ご乗車ありがとうございます。

 本線レイアウトの鉄道線と川の間に花を植えました。使用したのはプラッツ製のジオラマ素材シリーズで、言うまでもなく地上時代の京阪四条駅をイメージしました。このレイアウトは舗装道路のグレーとストラクチャーの黒屋根のせいで全体的に暗いイメージになってしまったのですが、この花畑で少しですが明るい雰囲気も出せたのではないかと思っています。

Img_3575

 そして最後に残ったのが上の写真の空間です。ここをどうするか、ずっと考え続けてきましたがこのほど何とか決めましたので追って着工する予定です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

本線レイアウト再改修~街にアクセサリーを~

Img_3393 Img_3479

Img_3476 Img_3472 Img_3485

毎度ご乗車ありがとうございます。

 本線レイアウトの再改修工事もストラクチャーの設置がほぼ整ったので、街のアクセサリー(小物)の設置に着手しました。
 まずは専用軌道の踏切ですが、これは津川洋行製をそのまま利用しました。ちなみに遮断機は常に下りたままになっています(笑)また鉄道線にも小さな踏切がありますが、こちらは今のところ警報機だけで遮断機はありません。狭い道とはいえ遮断機があったほうがいいとは思いますが、付ける予定はありません。

 それから停留所脇の電柱に電停名を書いたホーロー看板を付けました。作り方は小レイアウトや令和のレイアウトの時と全く同じで、昔撮影した市電の写真に写っている実物を縮小、カラーコピーして取り付けました。不思議なもので、これがあるだけで電停周辺が妙に活気づいて見えるんですね。このホーロー看板は専用軌道の電停の架線柱にも付けました。やっぱりここもこれだけですっかり電停らしい雰囲気が出て来ましたね。

 最後に、平面交差部分にGM製の信号機を付けました。本当は昔の緑ゼブラの信号機に加工したかったのですがうまくできなかったので仕方なくそのまま使用しました。ただ昔の四条や七条で撮影した京阪の写真を見ると、後年はこの手の信号機になっていたので一応良しとしました。再改修工事もいよいよ大詰め、できれば祇園祭の頃には完了させたいと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

本線レイアウト再改修~道路の両側に家並を作る~

Img_3396_20200604180601 Img_3466 Img_3397_20200604180601 Img_3474 Img_3470 Img_3398

毎度ご乗車ありがとうございます。

 本線レイアウト西側の併用軌道の外側にも家並みを設けました。狭い電車道ですが、街並みの間を走る市電は何とも言えずいい雰囲気だと一人喜んでます(笑) 今回の再改修では、ストラクチャーはその多くがあえて固定させず、ただ並べただけにしています。将来また並べ替えることを見越してのことなんですが、この外側の家並だけは端過ぎて落下の危険性が大きいので、接着剤でしっかりと固定させました。
 また北側の専用軌道に入るカーブの外側の空地には小さなお宮を建てました。ストラクチャーを置くには狭いのでどうしようか考えあぐねていたのですが、令和のレイアウトに建てていたお宮を移築することで解決しました。短い参道とお宮以外は一面にコースターフを撒いて誤魔化してあります(笑) 空地と言えばレイアウト北東角にも一ヶ所あるのですが(下の写真です)、ここをどうしようか現在迷っています。地理的にストラクチャーは置けないし、さりとてコースターフで埋めてしまうのは芸がないし、TMS誌など手持ちの参考書を見ながら思案中です。

Img_3483

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

本線レイアウト再改修~併用軌道にも電停を設置しました~

Img_3392 Img_3400

毎度ご乗車ありがとうございます。

 本線レイアウトの併用軌道の電停がこのほど完成し、南側の路上に設置しました。電停の標識はキットに付いていた物をそのまま流用しましたが、想定上はここに時刻表や今の市バスにあるようなロケーションシステムがついていることになっています。もしも京都市電が全廃されずに残っていたら、停留所もこんな風に進化していたのではないでしょうか。安全地帯には屋根と柵の他に駅名板も設置しましたが、具体的な停留所名は書かず、白いままにしています。屋根の下にはベンチを置くことも考えましたが、立面積が少なくなるのでやめました(笑) また停留所には人形を何人か置きました。これに停留所名を書いたホウロウ看板を電柱に付けたらさらに電停らしい雰囲気が出ると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

本線レイアウト再改修~街づくりもぼつぼつと~

Img_3330 Img_3334

Img_3331 Img_3345 Img_3333

毎度ご乗車ありがとうございます。

 先日製作した専用軌道の電停をレイアウトに設置しました。はっきり言って市電には全く似合わないのですが、この電停には結構立派な駅舎があります。いつ頃何のために入手したか憶えていないのですが、使わないのはもったいないので利用しました。駅舎から伸びる駅前通りの先、南側併用軌道と交わる所には露店が何店かあって、浴衣姿の祭り客で賑わっています。何だか妙な光景ですが、祇園祭の季節になってこの通りに鉾が建つと映えてくると思います。

 そして街づくりにも着手し始めました。最後の写真は西側の併用軌道ですが、GM製キットを組んだ商業ビルを中心にまとめてみました。まだこれが最終決定ではないのですが、再改修工事は着実に進んでいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

本線レイアウト再改修~停留所を作っています~

Img_3305 Img_3306 Img_3329Img_3310Img_3307

毎度ご乗車ありがとうございます。

 本線レイアウトには併用軌道と専用軌道にそれぞれ一ヶ所ずつ停留所があります。このうち併用軌道の安全地帯は令和のレイアウトに移設しましたので、GM製ストラクチャーキットをベースに新しく製作することになりました。
 新しい電停は一部ですが屋根付きで、道路側には柵と駅名板を設置しました。イメージとしては京都市電の電停を近代化したような感じで、あと標識を端に建てたら完成となります。

 専用軌道の電停もGM製キットをベースに製作、片方の端にはスロープを取り付けました。下段の写真の人形のいる停留所は元々レイアウトにあったもので、スロープを設置して柵を付け替えただけでそのまま使うことにしました。ちなみに柵は同じGM製キットの鉄路柵を流用しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

本線レイアウト再改修~専用軌道にバラストを撒きました~

Img_3268 Img_3269 Img_3270 Img_3272

毎度ご乗車ありがとうございます。

 本線レイアウトの専用軌道にバラストを撒きました。と言いましても撒いたのは複線の間と線路の両端だけで、軌間内はあえてそのままにして、ユニトラックの地肌を活かすようにしました。使用したバラストはモーリン製のRストーンNo.464(Nバラスト粗目 準幹線)で、令和のレイアウトで使った残りを利用しました。このバラストの色調ははっきり言ってうちのような市電のレイアウトには似つかわしくないような気もするのですが、一応「鉄道線路」らしくはなったと思います。

 ともあれ、これでひとまず「電車が走れる」状態になりました。これからいよいよ街づくり……ストラクチャーの製作と設置です。電停など新しく作らねばならないものもあって、どんな街にしていくか悩み始めています(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

本線レイアウト再改修~併用軌道の再製作~

Img_3249 Img_3251 Img_3252 Img_3253

毎度ご乗車ありがとうございます。

 本線レイアウトの併用軌道を再製作しました。その作り方は私の定番(?)でもあります「ふわっと軽いねん土」の白と黒を混ぜてグレーにしたもので舗装道路を表現しました。ただ何度やっても路面の不自然な凸凹感が拭えないのは半ばあきらめました。原因と理由はここに書くまでもありませんが、それでも試運転でスムーズに走ってくれているので良しとしています。
 また専用軌道部分は白のねん土を盛り付けました。これも毎度のことなんですが、レールは基板に接着せず、このねん土で固定させています。このねん土が固着したら専用軌道部分にバラストを撒いていきます。こうして線路が完成したらいよいよ街づくりです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

本線レイアウト再改修~線路撤去と再敷設~

Img_3196 Img_3197

Img_3200 Img_3204 Img_3201

毎度ご乗車ありがとうございます。

 本線レイアウトの再改修は既存のレール撤去から始まりました。レールを外した跡はまるで廃線跡を想起させましたが、これは生まれ変わりの第一歩です(笑) 元専用軌道部分のバラストを除去してから、新しいレールを敷設していきました。使用したのは関水製ユニトラックで、カーブは外側がR150、内側がR117を採用しました。ただ車庫入口の渡り線と留置線、北側専用軌道の鉄橋部分は従来のレールをそのまま流用しました。
 車庫のほうは移設したら少しは収容力が増えるかと思いきや、あんまり変わり映えのないものになってしまいました。急カーブの留置線なんて不自然と言えば不自然ですが、これは仕方ないですね。

Img_3205 Img_3207 Img_3208

 レールの再敷設完了後、試運転を行いました。今回走らせたのは京都市電と京阪大津線の車輌で、さすがレールが新しいこともあって良好に走ってくれました。ただ平面交差をゆっくり走らせると停まってしまうことが多々ありました。ひょっとしてクロッシングに無電区間でもあるのでしょうか、でも脱線とかは全くなかったのでよかったです。

 このあと道路の製作にかかります。さらに専用軌道や車庫内の留置線にバラストを撒いて、地面が整ってから最後にストラクチャーの配置を考える予定です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

本線レイアウトも改修します

Img_3179 Img_3181 Img_3180

毎度ご乗車ありがとうございます。

 さて、今月から本線レイアウトの再改修工事を行うことになりました。実はこのレイアウト、手持ちの古レールを多用していたこともあって、後に製作したレイアウトに比べて車輌の走行性にやや難がありました。そのため、折角作ったレイアウトですが走らせる機会は他のレイアウトより少なかったんですね。そこで今回、思い切って線路を全て新調することにしました。同時にレイアウト東側の歓楽街を廃して、西側の車庫を移設する計画です。この再改修工事で、街並みも多少変更していきますが、まずは線路の再敷設から始めていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧